So-net無料ブログ作成
労働保険徴収法 ブログトップ
前の10件 | -

徴収法<雇保>23-10-D [労働保険徴収法]

 

 

 

【 問 題 】

 

事業主若しくは事業主であった者又は労働保険事務組合若しくは

労働保険事務組合であった団体は、労働保険徴収法又は労働保険

徴収法施行規則による書類を、その完結の日から5年間保存しな

ければならない。

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

徴収法<雇保>25-10-C [労働保険徴収法]

 

 

 

【 問 題 】

 

政府が労働保険料その他労働保険徴収法の規定による徴収金

を徴収する権利は、2年を経過したときは、時効によって消滅

するとされているが、この時効には援用を要せず、また、その

利益を放棄することができないとされているので、時効成立後

に納付義務者がその時効による利益を放棄して徴収金を納付する

意思を有しても、政府はその徴収権を行使できない。

                

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>25-8-E [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

政府は、委託事業主に使用されている者又は使用されていた者が、

雇用保険の失業等給付を不正に受給した場合に、それが労働保険

事務組合の虚偽の届出、報告又は証明によるものであっても、当該

委託事業主に対し、不正に受給した者と当該委託事業主が連帯して、

失業等給付の返還又は納付を命ぜられた金額の納付をすることを

命ずることとなり、当該労働保険事務組合に対してはその返還等を

命ずることはできない。

    

       

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>25-8-C [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

労働保険料の納付義務者である委託事業主に係る督促状を

労働保険事務組合が受けたが、当該労働保険事務組合が当該

委託事業主に対して督促があった旨の通知をしないため、当該

委託事業主が督促状の指定期限までに納付できず、延滞金を

徴収される場合、当該委託事業主のみが延滞金の納付の責任を

負う。

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>25-8-D [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

労働保険徴収法第19条第4項の規定により委託事業主に

対してする認定決定の通知が労働保険事務組合に対して

なされた場合、その通知の効果については、当該労働保険

事務組合と当該委託事業主との間の委託契約の内容によっ

ては当該委託事業主に及ばないことがある。

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>19-8-D [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

厚生労働大臣の認可を受けて、労働保険事務組合となった団体は、

労働保険事務を専業で行わなければならない。

                 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>25-10-D [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

事業主は、雇用保険の被保険者が負担すべき労働保険料相当額

を被保険者の賃金から控除することが認められているが、この

控除は、被保険者に賃金を支払う都度、当該賃金に応ずる額に

ついてのみ行うことができるものとされているので、例えば、

月給制で毎月賃金を支払う場合に、1年間分の被保険者負担保険

料額全額をまとめて控除することはできない。

                 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>22-8-A [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】       

             

雇用保険の日雇労働被保険者は、印紙保険料の額の2分の1の額

を負担しなければならないが、当該日雇労働被保険者に係る一般

保険料を負担する必要はない。

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>25-10-E [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】       

             

労働保険料その他労働保険徴収法の規定による徴収金の

先取特権の順位は、国税及び地方税に次ぐものとされている。

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>25-10-B [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】       

             

所轄都道府県労働局歳入徴収官は、労働保険料その他労働

保険徴収法の規定による徴収金を納付しない事業主に対して、

期限を指定して督促を行うが、指定された期限までに納付し

ない事業主からは、指定した期限の翌日から完納の前日まで

の日数に応じ、所定の割合を乗じて計算した延滞金を徴収する。

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 
前の10件 | - 労働保険徴収法 ブログトップ