So-net無料ブログ作成

労基法26-1-C [労働基準法]

 

 

【 問 題 】

 

労働基準法第7条は、労働者が労働時間中に、裁判員等の公の

職務を執行するための必要な時間を請求した場合に、使用者に、

当該労働時間に対応する賃金支払を保障しつつ、それを承認する

ことを義務づけている。

 

 

 

【 解 答 】 誤り。  

 

 

 

【 解 説 】

 

「公の職務を執行するために必要な時間」については、使用者に

賃金の支払義務は課されていません。

支払義務を課してしまうと、使用者への負担が大きくなりすぎて

しまうので、有給にするか、無給にするかは当事者間の取決めに

よります。

 

 


nice!(1) 

nice! 1